MENU

山形県(さくらんぼ県)にいると言われる妖怪一覧

  • アズキアライ

音の怪。小豆洗い。川辺などで小豆あずきをとぐ音をさせる。

 

  • ウコン/サコン

動物の怪。米沢市。江戸幕府に差し出す書状に、間違えて下書きを入れて飛脚に持たせてしまった。米沢藩の城代岩井大膳は飼っていた狐に追いかけさせ、飛脚がうたたねしている間に取り替えて戻った。古河付近という。一昼夜で往復し、狐は城に戻るとばったり倒れて死んだ。ウコン、サコンのどちらかはわからない。

 

  • ウブメ

道の怪。産女。最上郡大蔵村。波間から乳飲み児を抱えて出た。「念仏を百遍唱えている間、この子を抱いていてください」と、通りかかった郷士に頼んだ。郷士は思わず抱いた。女の念仏が進むにつれて赤子は重くなる。それでも必死に耐え抜くと、「これで成仏できます」と言って二人は消えた。以来、武士は怪力に恵まれた。

 

  • オウバコ

海の怪。飽あく海み郡飛鳥(酒田市)。これに取り憑かれると、まっさきに柄ひ杓しやくを貸せといわれる。

 

  • カッパ

水の怪。河童。西村山郡西川町─老媼の尻子玉を狙って失敗、捕らえられた。命乞いの代償とし、骨接ぎの秘法を伝授した。最上町─岩魚の串魚を取った。どなられるとそれを淵に投げ、焼いたはずの岩魚が泳いだという。また青蜘蛛を使って漁師を水に引き込もうとした。最上郡最上町向山─小国川の淵で子供がよく水死した。旅山伏に祈?供養してもらうと地蔵が現れ、河童の仕業だから、めいめいで初生なりの胡きゆ瓜うりをあげよ、と告げた。そのようにして以来、水難は絶えた。最上町には河童の詫び証文というものがあり、巻物であった。

 

  • カワウソノカイ

動物の怪。川獺の怪。厠で江口という武士の男根を?つかんだ。怒った江口が捕らえると川獺だったので、切ろうとするとしきりに詫び、命乞いの代わりに傷によく効く膏薬の処方を教えた。

 

  • キツネタイマツ

火の怪。狐松明。狐火と同じものらしい。

 

  • キツネノカイ

動物の怪。庄内市。酒井家の武士が庭に来る狐を可愛がっていたが、自分の機嫌が悪いとき、焼火箸で狐の片目をつぶした。その武士が宿直のとき、城主が眠れないほどの騒ぎが一晩中続き、武士は責任をとらされて切腹した。狐が復讐したのだという。

 

  • ケボロキ

音の怪。奥羽地方の山村でいう山中の怪音。他地方のソラキガエシ、テングダオシのようなものをいう。

 

  • シュパン

家に出る怪。朱盤。庄内藩酒井家に仕える武士の家に出た。赤ら顔の大入道が天井から逆様にぶら下がった。武士が必死に取り押さえたと思うと体がすっと縮まり、消えたという。

 

  • デェデェボウ

雪の怪。羽黒山の周辺でいう。一本足の巨人で、雪の上にとびとびに大きな足跡をつけることがあるという。

 

  • テング

山の怪。天狗。明治の初め、荒沢という所を買って伐採した男が、二、三年たって古峯ヶ原参りに行くと、荒沢の天狗に会った。顔はべんがら色で鼻が高く、目がぎょろりと光っていた。身動きも出来ず、彼は気を失った。のちにはめっきり無口な男になったという。また飽海郡平田町の鷹尾山の天狗は、女を手当たり次第にさらい、金銀財宝を奪った。しかし山中の大木の下で野宿していた山伏に陀羅尼品を読まれると手も足も出ないと話したのを聞かれ、声高に読み上げられて退治された。

 

  • テングノスモウバ

山の怪。天狗の相撲場。夏山の茂った中に、十数坪の苔生地とか砂地があるのを畏敬してこう呼んだ。県内各地に多くある。月山のバラモミ沢、朝日岳の上にもあった。母刈山の頂上にあるものは時として鶏の声を聞き、また新しい馬の糞を見るという。黒森山にもあり、ある男がここに松茸採りに入ったところ、非常な大男に会った。声をかけたが返事をしなかった。蓑みのは山草のようだったという。

 

  • ナベオロシ

道の怪。鍋下ろし。山辺町。夕暮れになると梢こずえも見分かたぬ大杉のてっぺんから、真っ赤に焼けた鍋が下りてくるといわれていた。もし日暮れてまでも遊んでいる子がいると、その鍋に入れてさらってしまうという。

 

  • ニンギョ

動物の怪。出羽の海にたびたび流れ寄った。そのたびわざわざ鎌倉幕府に注進し、幕府が占い師に占わせた。兵乱の兆しありとして祈願したこともある。

 

  • ヤマウバ

山の怪。山姥。山姥に追いかけられたので、木に登った。山姥が木登りに苦労しているので「枯れ枝に掴まれ」と言い、その通りにした山姥は落ちて死んだ。

 

  • ユキジョロウ

雪の怪。雪女郎。産女のように人に怪力を授けるとか、赤子を抱ききれなかった男を殺すなどという。人間の子を食うとか、さらって雪女の子に食わせるなどともいう。